スポンサードリンク

2007年07月13日

物理療法

物理療法というのは、患者自身の身体を動かさないで、
外から何かを刺激を与えて治療をします。


物理療法のおもな目的は、痛みやはれを和らげたり
動きやすくして、リラクゼーションを目的にします。


温熱療法、寒冷療法、電気治療、水治療法といった
外から当てて治療を行います。


温熱療法は、ホットパックやパラフィンパックで
患部にあてて暖める方法ですね。
表皮に近いところを暖めるのに用いますね。


これらは、袋にゲル状のものが入っているものや
ろうを暖めたもので、ろうが乾くまでは暖かいですね。


寒冷療法は、アイスパックや冷却スプレーを使って
患部にあてて冷やします。


電気治療は、マイクロウェーブ、超音波を使って
振動させたり暖めたりして、筋肉に刺激をあたえる
やり方ですね。


これらは、表皮よりも深いところを暖める時に用いますね。


水治療法は、温水や冷水で浮かしたり、水圧を利用して
患部に刺激を与えます。

ハバードタンクといった横になったままの姿勢で入れる
専用の浴槽がありますね。
他にはレーザーを当てる光線治療法もあります。


疾患の状況によって、暖めたり冷やしたり、強くしたり弱くしたり
深くしたり浅くしたりと変わってきます。


理学療法士の資格を生かす職場
理学療法士の生活環境
理学療法士になるための目標設定
【関連する記事】
posted by 理学療法士 at 12:09| 理学療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動療法

理学療法には、運動療法と物理療法があります。

運動療法というのは、患者自身の力で動かしたり理学療法士の
技術や器具で、治療をすることをいいます。


運動療法をするためには、疾患によって種類が変わります。
関節可動域運動、筋力強化、筋機能回復運動、協調性回復運動
があげられます。


関節可動域運動(ROM)とは、関節がかたくなったのを
理学療法士が手技を使って、ストレッチをしたり器具を
使って動くようにする運動のことをいいます。


筋力強化・筋機能回復運動とは、筋力がおちてしまったのを
回復させたり強化させるのですが、最近ではトレーニングは
マシンを使っていますね。


機器を使うと運動と測定も一緒にできるので、便利ですね。


協調性回復運動とは、マヒしてしまっているため、手足が動かない
などの脳からの神経系が原因の場合に、基本的な動きを何度も
同じように動かして練習します。

テレビなどの映像で、よく見たことがありますね。


感覚がない場合には、重りをつけて動かし、感覚を戻すことをします。
疾患に応じて、違いますし体操もあります。


日常生活動作(ADL)といって、日常生活でする基本動作で
起きる、着替え、トイレ、食事、入浴などがありますが


普段の生活に近い状況で、リハビリすることもします。


状況に応じて、器具を使う練習もします。
杖や装具も練習しないといきなりでは使えないことも出てきますから


患者自身や家族など、介護する住環境のことも考えて
基本的な動作が出来るようにしていきます。


自立を目指したトレーニングは、機能回復から前向きな
気持ちの向上を引き出せます。


福祉住環境コーディネーターについて
福祉住環境コーディネーターの資格を取得する
福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格はこれから
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事
posted by 理学療法士 at 12:07| 理学療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理学療法士の仕事

ほとんどが、病院で働くことが多いでしょうね。
他には、介護などのリハビリテーションもあります。


医師や看護士とは、異なるので今のところ夜勤や当直は
ありませんね。


そういう点では、家庭のことや育児、介護など
家のことがあっても、やっていける職業ですね。


医師からの依頼を受けて、リハビリが必要となった患者を
検査や測定して、できることとできないことをみます。


病状から生活のことや家族のことなど情報を集めて
どういった治療をしていくかを考えます。


車イスや器具、装具などの発注もします。


活動範囲は広く、機能回復を支えますが、患者自身が
自ら前向きな気持ちで、自立しようと思わなければ、
いくら理学療法士が手を尽くしても本当に意味で
回復には繋がらないと思います。


前向きな気持ちを引き出し、支えてモチベーションを維持させる
ことも重要な役割を担います。



作業療法士(OT)や言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と
いった他の職種の人たちと一緒に連携して仕事をすることが、多いでしょう


かんたん!わかる!野球初心者ガイド ピッチング編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド バッティング・走塁編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド 守備編

かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド キック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド テクニック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド ディフェンス編
posted by 理学療法士 at 12:05| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理学療法士の資格

理学療法士は、国家資格になります。

資格には、国家資格、公的資格、民間資格がありますが、
公的資格は、官庁が認定した審査基準があり、財団法人や
社団法人が認定をしています。

民間資格は民間団体が認定したものですね。


国家資格は、国が個人の専門知識や技術を認めていて、社会的地位を
保証しているので、信頼がある資格です。


国が法律で定めた国や地方自治体などが認定する資格のことを
いいます。理学療法士の場合は、「理学療法士及び作業療法士法」に
もとづき、厚生労働大臣が免許を与えています。


厚生労働省の名簿に登録されて初めて、理学療法士を名のれることが
できますね。


国家資格を取得するのは、難しので所定の養成学校の課程を修了させ
受験資格を得てから国家試験に臨みます。


国家試験に合格するのも、かなり難しいですね。


国家試験に合格して理学療法士になれても、本当に大変なのは
理学療法士として現場立ったときでしょうね。


日本理学療法士協会は、世界理学療法連盟(WCPT)に
加盟しているので、日本だけでなく海外でも資格を生かせます。

posted by 理学療法士 at 12:03| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理学療法士の資質

理学療法士は、直接人と接する仕事であり、相手は
事故や病気などで身体が動かなくなりショックを
受けているのですから


相手を思いやり、相手の気持ちになって考えて
あげれなければなりませんね。


相手が求めていることは、自分がしてあげれることは
何かを考え、尊重していきます。


言葉や行動を理解して、共感してあげることが、
理学療法士の重要な資質ですね。


理学療法士の勉強以外にも、今までやってきた経験が
役に立つことでしょう。


医療や介護に関係する仕事において、冷静に判断する
能力も必要になってきます。


理性と感受性のバランスを上手く維持しなければ
いけませんね。


状況が変わる職場ですし、ひとりとして同じ状況は
ないわけですから柔軟な思考をもって問題を解決して
いかないといけませんね。


もっと良くしていくための創意工夫であったり
理学療法士の仕事以外の部分で得意なことを
生かしていく必要もあります。


後は、自身の体力、健康に気をつけなければ理学療法士の
仕事はできませんね。


肉体労働ですから体力がいることですし、健康管理が
出来ないのでは、問題があります。


これは、理学療法士以外にもいえることですが
どんな仕事でも健康維持は不可欠です。


かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド キック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド テクニック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド ディフェンス編
posted by 理学療法士 at 11:32| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理学療法士について

理学療法士というのは、1965年(昭和40年)に国が
「理学療法士及び作業療法士法」によって、医療の専門職
として作業療法士と同時に制定されました。


それまでは、医療マッサージ師と呼ばれていて、国家資格では
なかったですね。


理学療法士も医療の他に、保健や福祉にも業務の範囲が
拡がってきていますね。


保健は、予防理学療法であったり医療なら産業、スポーツ、
臓器移植、糖尿病などの疾患


福祉では、高齢者を介護保険制度にもとづいて、地域、在宅
理学療法など専門職としての活動がありますね。


不便を少しでも軽減したい、道具を使ってでも動きたいと
思うのが自然なことですから


身体機能を回復させたり改善するために、医師の指示を受けて
治療をするのが、「理学療法」といい国家資格を持った人が
「理学療法士」と呼ばれています。


かんたん!わかる!野球初心者ガイド ピッチング編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド バッティング・走塁編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド 守備編

posted by 理学療法士 at 11:14| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理学療法士とは?

高齢者や病気やケガで身体の機能が、正常に動かなくなった人が
運動や物理療法を行い、機能の回復をサポートするリハビリの専門家の
ことを理学療法士といいます。


身体機能の回復・改善を目的に医師の指示を受けて医療行為をします。
検査や測定のデータを取り、データから問題点や可能性を
みて理学療法を行います。



医師の補助的な仕事で、回復、改善のための運動を指導
するだけでなく、手術直後の患者を診るために、集中治療室
に入ることもあります。


リハビリに対して、知識がある医師が指示を出すだけに限らず
理学療法士が、患者を診て適切な治療法を選ぶことも多いですね。


ですから治療方針を決める会議にも参加します。
幅広い知識と技術が必要になってきますね。


医療に携わるので、理学療法士資格を取得するまでの
勉強は難しく大変で、就職してからでも研修や新しい知識や
技術を学んでいかなくてはいけません。


患者が、身体を回復させて日常生活に復帰するまでは、サポート
しますので、医者より長い時間接することになるでしょうね。


身体機能の回復をサポートするのが仕事ですが
自立を促し支えることも重要な仕事ですね。


福祉住環境コーディネーターについて
福祉住環境コーディネーターの資格を取得する
福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格はこれから
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事
posted by 理学療法士 at 11:12| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。