スポンサードリンク

2007年07月13日

理学療法士の資質

理学療法士は、直接人と接する仕事であり、相手は
事故や病気などで身体が動かなくなりショックを
受けているのですから


相手を思いやり、相手の気持ちになって考えて
あげれなければなりませんね。


相手が求めていることは、自分がしてあげれることは
何かを考え、尊重していきます。


言葉や行動を理解して、共感してあげることが、
理学療法士の重要な資質ですね。


理学療法士の勉強以外にも、今までやってきた経験が
役に立つことでしょう。


医療や介護に関係する仕事において、冷静に判断する
能力も必要になってきます。


理性と感受性のバランスを上手く維持しなければ
いけませんね。


状況が変わる職場ですし、ひとりとして同じ状況は
ないわけですから柔軟な思考をもって問題を解決して
いかないといけませんね。


もっと良くしていくための創意工夫であったり
理学療法士の仕事以外の部分で得意なことを
生かしていく必要もあります。


後は、自身の体力、健康に気をつけなければ理学療法士の
仕事はできませんね。


肉体労働ですから体力がいることですし、健康管理が
出来ないのでは、問題があります。


これは、理学療法士以外にもいえることですが
どんな仕事でも健康維持は不可欠です。


かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド キック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド テクニック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド ディフェンス編
posted by 理学療法士 at 11:32| 理学療法士を知りたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。